ホーム > 書籍のご案内 > 第16回「大学と科学」宇宙を探る新しい目−重力波
「大学と科学」シリーズ

第16回「大学と科学」宇宙を探る新しい目−重力波


詳しい目次を見る
序文を読む
第16回「大学と科学」宇宙を探る新しい目−重力波
著者一覧 PDFサンプル 買い物カゴに入れる 在庫僅少
アインシュタインの一般相対性理論は1915年に発表されたが、この理論をもとにしてはじめて説明できる減少が、宇宙のなかで数々見つかっている。アインシュタインの理論では重力場という概念が基礎になっているが、質量の加速度によって重力波が放出され、重力場は変化する。(以下本文へ)
判  型B5版並製・176 定  価3240 円
発 行 日2002.10.3 割引価格2916 円
編 著 者古在 由秀(国立天文台名誉教授) ISBN978-4-87805-020-6

書籍サンプル画像
各プロジェクトごとの二重中性子星合体をとらえられる範囲 LCGTでは平均0.4ヵ月で二重中性子星合体の重力波を検出できる
買い物カゴに入れる
定 価 : 3240 円
割引価格 : 2916 円

目次

Aセッション はじめに
アインシュタインが予言した「重力波」とは? 藤本 眞克
Bセッション 日本が誇る世界最高感度の重力波検出装置TAMA300
巨大レーザー干渉計で重力波を狙う 川村 靜児
砂中の玉─TAMA300データから重力波を探す 神田 展行
Cセッション パネルディスカッション
TAMA300成功の鍵 ブラックホールや中性子星連星の衝突と合体─3つのノーベル物理学賞をめぐって 山岡 均
Eセッション 新しい天文学(1)
特別講演:天文観測の最前線 海部 宣男
Fセッション 新しい天文学(2)
特別講演:ガンマ線天文学 木舟 正
特別講演:宇宙の誕生 佐藤 勝彦
初期宇宙と重力波 前田 恵一
高感度レーザー干渉計のキーテクノロジー 三尾 典克
重力波天文学のための超高安定化レーザーと超高品質ミラー技術─純粋科学研究と産業技術への波及効果 植田 憲一
Iセッション パネルディスカッション
重力波の研究はどこまで拡がるか?─重力波研究の将来


このシリーズを探す

「大学と科学」のシリーズを探す

反応すれば形が変わるナノの世界〜細胞から結晶まで〜
反応すれば形が変わるナノの世界〜細胞から結晶まで〜
地球環境の心臓 赤道大気の鼓動を聴く
地球環境の心臓 赤道大気の鼓動を聴く
第3の生命鎖 糖鎖の謎が今、解る
第3の生命鎖 糖鎖の謎が今、解る
光と界面がおりなす新しい化学の世界
光と界面がおりなす新しい化学の世界
ものづくり 化学の不思議と夢
ものづくり 化学の不思議と夢

関連書籍を探す

地球科学関連の書籍

新時代の自然資源論−統合管理の方法論−
新時代の自然資源論−統合管理の方法論−
宇宙究極の謎−暗黒物質、暗黒エネルギー、暗黒時代−
宇宙究極の謎−暗黒物質、暗黒エネルギー、暗黒時代−
見えてきた! 宇宙の謎。生命の謎。脳の謎。
見えてきた! 宇宙の謎。生命の謎。脳の謎。
地球環境の心臓 赤道大気の鼓動を聴く
地球環境の心臓 赤道大気の鼓動を聴く
生物の生存戦略−われわれ地球生物ファミリーはいかにしてここにかくあるのか−
生物の生存戦略−われわれ地球生物ファミリーはいかにしてここにかくあるのか−

新刊案内

新刊書籍

下痢の細菌を追っかけて五〇年 それは腸炎ビブリオから始まった
下痢の細菌を追っかけて五〇年 それは腸炎ビブリオから始まった
食と脳 脳を知る・創る・守る・育む 18
食と脳 脳を知る・創る・守る・育む 18
ブレインサイエンス・レビュー  2017
ブレインサイエンス・レビュー 2017
科学者の冒険 クジラからシクリッド、シーラカンス、脳、闘魚……進化に迫る
科学者の冒険 クジラからシクリッド、シーラカンス、脳、闘魚……進化に迫る
官衙・集落と土器2―宮都・官衙・集落と土器―
官衙・集落と土器2―宮都・官衙・集落と土器―

PAGE TOP