ホーム > 書籍のご案内 > 第16回「大学と科学」心の発達、ことばの発達−子どもはなにをどのように学ぶのか
「大学と科学」シリーズ

第16回「大学と科学」心の発達、ことばの発達−子どもはなにをどのように学ぶのか


詳しい目次を見る
序文を読む
第16回「大学と科学」心の発達、ことばの発達−子どもはなにをどのように学ぶのか
著者一覧 PDFサンプル 買い物カゴに入れる 在庫僅少
高い認識能力とそれを基盤にする言語能力はヒトを人間たらしめているもっとも人間的な機能です。人間の赤ちゃんは、他の動物の赤ちゃんに比べ、むしより未熟で頼りない状態でこの世に生まれてきます。
判  型B5版並製・152 定  価3240 円
発 行 日2002.10.30 割引価格2916 円
編 著 者桐谷  滋(神戸海星女子学院大学文学部教授) ISBN978-4-87805-015-2

書籍サンプル画像
漢字を覚える脳 書きながら記憶しようとしたときのほうがたんにみて覚えようとするときよりも、両側の大脳半球の前頭前野を含む多くの領域が活性化する。上:書きながら記憶をしたとき、下:読むだけで記憶をしたとき
買い物カゴに入れる
定 価 : 3240 円
割引価格 : 2916 円

目次

Aセッション 「心の発達」の研究のめざすところ
「心の発達」の研究のめざすところ 桐谷 滋
Bセッション 子どもは人の心をどのように理解するのか
自分を知ること、他者を知ること:社会的認知の進化と発達 板倉 昭二
子供と動物は正直というけれど:社会的知性の進化と発達 藤田 和生
Cセッション 子どもはことばをどのようにして身につけるのか
音の体系はどのようにして身につけるのか 窪園 晴夫
お国訛りはどのようにして身につけるのか 今泉 敏
単語の意味はどのようにして身につけるのか 今井むつみ
文の成り立ちはどのようにして身につけるのか 佐野 哲也
Dセッション 脳のはたらき:障害をどう克服するか
脳のはたらきを画像で観る 川島 隆太
あれが、あれして、あれだから…齢とともに変わることばと脳 辰巳 格
発達障害をコンピュータの支援でのり越える 山本 淳一
チンパンジーに見る親子のかかわり 友永 雅己
想像力の発達:創造の泉をさぐる 内田 伸


このシリーズを探す

「大学と科学」のシリーズを探す

反応すれば形が変わるナノの世界〜細胞から結晶まで〜
反応すれば形が変わるナノの世界〜細胞から結晶まで〜
地球環境の心臓 赤道大気の鼓動を聴く
地球環境の心臓 赤道大気の鼓動を聴く
第3の生命鎖 糖鎖の謎が今、解る
第3の生命鎖 糖鎖の謎が今、解る
光と界面がおりなす新しい化学の世界
光と界面がおりなす新しい化学の世界
ものづくり 化学の不思議と夢
ものづくり 化学の不思議と夢

関連書籍を探す

心理学関連の書籍

アルツハイマー病の早期診断と治療-脳を知る・創る・守る・育む15 
アルツハイマー病の早期診断と治療-脳を知る・創る・守る・育む15 
脳を知る・創る・守る・育む 14−脳の世紀20年
脳を知る・創る・守る・育む 14−脳の世紀20年
解き明かされる脳の不思議−脳科学の未来−
解き明かされる脳の不思議−脳科学の未来−
脳を知る・創る・守る・育む 10
脳を知る・創る・守る・育む 10
ブレインサイエンス・レビュー2008
ブレインサイエンス・レビュー2008

新刊案内

新刊書籍

下痢の細菌を追っかけて五〇年 それは腸炎ビブリオから始まった
下痢の細菌を追っかけて五〇年 それは腸炎ビブリオから始まった
食と脳 脳を知る・創る・守る・育む 18
食と脳 脳を知る・創る・守る・育む 18
ブレインサイエンス・レビュー  2017
ブレインサイエンス・レビュー 2017
科学者の冒険 クジラからシクリッド、シーラカンス、脳、闘魚……進化に迫る
科学者の冒険 クジラからシクリッド、シーラカンス、脳、闘魚……進化に迫る
官衙・集落と土器2―宮都・官衙・集落と土器―
官衙・集落と土器2―宮都・官衙・集落と土器―

PAGE TOP