ホーム > 書籍のご案内 > 木の文化・骨の文化
「考古学」シリーズ

木の文化・骨の文化


詳しい目次を見る
序文を読む
木の文化・骨の文化
著者一覧 PDFサンプル 買い物カゴに入れる
従来の考古学は乾燥遺跡から得られる、ひからびた資料に基づいたものであった。本書では、対象を湿地遺跡の「木と骨」とすることでより豊かなイメージが浮かび上がってくる
判  型A4判並製・168 定  価2376 円
発 行 日2003.3.31 割引価格2138 円
編 著 者松井  章(奈良国立文化財研究所主任研究官) ISBN978-4-87805-026-8

書籍サンプル画像
石槍の刺さった小型イルカ肩甲骨のX線写真
 真脇遺跡からは石槍が多量に出土している。追い込みだけでは捕獲しにくいカマイルカに対しては、特に石槍による突き取り漁が併用されたものと考えられる(49、135ページ参照)
(『縄文時代のイルカ漁』平口哲夫 石川考古学研究会会誌 32:19 - 38 1989)
買い物カゴに入れる
定 価 : 2376 円
割引価格 : 2138 円

目次

I
特別講演1 湿地考古学−失われた機会と将来の展望− ジョン・コールズ
特別講演2 サマセットとスウィート木道の謎 ブレィオニー・コールズ
特別講演3 北アメリカ北西海岸の先史諸民族 ケネス・エイムズ
第II部
ニュージーランドおよび南太平洋地域の先史漁撈と海洋環境に対する人間の影響
フォス・リーチ
第2章 台湾南部・鵝鑾鼻地域における先史漁撈 リー・クワンチー
第3章 縄文時代におけるクリ栽培 佐藤洋一郎
第4章 北アメリカ北西海岸沿岸部の遺跡における鳥類の後肢骨の少なさに関する解釈 ランダル・シャルク
第5章 北アメリカ北西沿岸における湿地遺跡の調査−ホコ川河口遺跡・環太平洋における比較研究− デール・R・クロース
第6章 日本沿岸の先史捕鯨文化 平口 哲夫
総 論 「考古科学的研究法から見た、木の文化・骨の文化」について 松井 章


このシリーズを探す

「考古学」のシリーズを探す

木の文化・骨の文化
木の文化・骨の文化
日中古代都城図録 改訂版
日中古代都城図録 改訂版
石器研究入門
石器研究入門
全面改訂 新しい研究法は考古学になにをもたらしたか
全面改訂 新しい研究法は考古学になにをもたらしたか

関連書籍を探す

考古学関連の書籍

官衙・集落と土器2―宮都・官衙・集落と土器―
官衙・集落と土器2―宮都・官衙・集落と土器―
発掘遺構から読み解く古代建築
発掘遺構から読み解く古代建築
官衙・集落と土器1−宮都・官衙と土器−
官衙・集落と土器1−宮都・官衙と土器−
遺跡の年代を測るものさしと奈文研
遺跡の年代を測るものさしと奈文研
長舎と官衙の建物配置 資料編
長舎と官衙の建物配置 資料編

新刊案内

新刊書籍

下痢の細菌を追っかけて五〇年 それは腸炎ビブリオから始まった
下痢の細菌を追っかけて五〇年 それは腸炎ビブリオから始まった
食と脳 脳を知る・創る・守る・育む 18
食と脳 脳を知る・創る・守る・育む 18
ブレインサイエンス・レビュー  2017
ブレインサイエンス・レビュー 2017
科学者の冒険 クジラからシクリッド、シーラカンス、脳、闘魚……進化に迫る
科学者の冒険 クジラからシクリッド、シーラカンス、脳、闘魚……進化に迫る
官衙・集落と土器2―宮都・官衙・集落と土器―
官衙・集落と土器2―宮都・官衙・集落と土器―

PAGE TOP