ホーム > 書籍のご案内 > Glia細胞
「脳科学」シリーズ

Glia細胞


詳しい目次を見る
序文を読む
Glia細胞
著者一覧 PDFサンプル 買い物カゴに入れる
19世紀前半に「神経細胞」の存在が明らかとなり、そして後半には「Glia細胞」が認知されました。その後、約100年の長い「Glia細胞」研究の歴史で得られた多くの知見のうち、本書は、将来も動かず、そして変わらぬであろう、確かな所見だけを総括しています。(以下本文へ)
判  型A5版並製・360 定  価9720 円
発 行 日1999.9.30 割引価格6804 円 (送料無料)
編 著 者生田 房弘(新潟大学名誉教授・新潟脳外科病院ブレーンリサーチセンター) ISBN978-4-906347-83-4

書籍サンプル画像
買い物カゴに入れる
定 価 : 9720 円
割引価格 : 6804 円

目次

第I章 歴史的序論
第II章 Glia細胞の発生と分化
第III章 Astrocyteの形―主に系統発生からみた―
第IV章 Astrocyte―主に病気からみた―
第V章 Astrocyteのmitosisとその移動運動
第VI章 中枢の髄鞘形成細胞、oligodendroglia
第VII章 Microglial cells
第VIII章 上衣
第IX章 脳病巣の修復とastrocyte
第X章 脳の発生とastrocyte
第XI章各種の病的状態でastrocyteが示した態度
第XII章 Glia細胞が産生する神経栄養因子
第XIII章 Schwann細胞


このシリーズを探す

「脳科学」のシリーズを探す

人脳解剖学自習書
人脳解剖学自習書
遺伝子制御による「選択的シナプス強化・除去」機構の解明
遺伝子制御による「選択的シナプス強化・除去」機構の解明
アルツハイマー病はここまでわかった
アルツハイマー病はここまでわかった
脳血管障害による「神経細胞死」の予防と治療
脳血管障害による「神経細胞死」の予防と治療
Glia細胞
Glia細胞

関連書籍を探す

医学関連の書籍

下痢の細菌を追っかけて五〇年 それは腸炎ビブリオから始まった
下痢の細菌を追っかけて五〇年 それは腸炎ビブリオから始まった
食と脳 脳を知る・創る・守る・育む 18
食と脳 脳を知る・創る・守る・育む 18
ブレインサイエンス・レビュー  2017
ブレインサイエンス・レビュー 2017
音楽と脳 脳を知る・創る・守る・育む 17
音楽と脳 脳を知る・創る・守る・育む 17
こころの発達と病気−2013、2014世界脳週間の講演より−
こころの発達と病気−2013、2014世界脳週間の講演より−

新刊案内

新刊書籍

下痢の細菌を追っかけて五〇年 それは腸炎ビブリオから始まった
下痢の細菌を追っかけて五〇年 それは腸炎ビブリオから始まった
食と脳 脳を知る・創る・守る・育む 18
食と脳 脳を知る・創る・守る・育む 18
ブレインサイエンス・レビュー  2017
ブレインサイエンス・レビュー 2017
科学者の冒険 クジラからシクリッド、シーラカンス、脳、闘魚……進化に迫る
科学者の冒険 クジラからシクリッド、シーラカンス、脳、闘魚……進化に迫る
官衙・集落と土器2―宮都・官衙・集落と土器―
官衙・集落と土器2―宮都・官衙・集落と土器―

PAGE TOP