会員からの情報

第3回次世代シークエンス技術応用研究会のお知らせ

【開催案内】第3回次世代シークエンス技術応用研究会 −遺伝子解析技術と工学技術の融合による新たな価値の創造−
(兼 エレクトロニクス先端融合研究所成果報告会)



【趣旨】
近年、次世代シークエンサーのスループットの向上とランニングコストの低下が、急速に進んでいます。それに伴って、生物の品種判定、胎児の遺伝子診断、個人の体質違いの把握、薬の効き目や副作用などの推定など、様々なサービスが生まれつつあります。国立大学法人豊橋技術科学大学は、榊佳之前学長のリーダーシップの下で「次世代シークエンス技術応用研究会」を立ち上げ、次世代シークエンサーの更なる産業利用を促すための情報交換の場を提供してきました。今年も第3回目となる研究会を開催しますのでぜひご参加ください。今年は、『遺伝子解析技術と工学技術の融合による新たな価値の創造』をテーマに、様々な分野の方々に講演をしていただきます。また、豊橋技術科学大学エレクトロニクス先端融合研究所(EIIRIS)が有する集積回路・MEMS・センサの製造施設(通称LSI工場)や、次世代シークエンサー設備の見学も実施しますので、どうぞお気軽にご参加ください。


【開催日】
平成27年3月10日(火)
【会 場】
豊橋技術科学大学 エレクトロニクス先端融合研究所 プロジェクト研究交流室
(http://www.eiiris.tut.ac.jp/japanese/symposia/index.html)
【プログラム】
12:30〜13:20 LSI工場および次世代シークエンサー設備の見学(希望者のみ)

13:00〜     研究会受付開始

13:30〜13:35 開会挨拶 豊橋技術科学大学 副学長/エレクトロニクス先端融合研究所所長/電気・電子情報工学系 教授 石田 誠

13:35〜14:20 招待講演Ⅰ
『1分子DNA解析技術「Quantum Sequencing」による破壊的イノベーションの実現』
クオンタムバイオシステムズ株式会社 代表取締役社長 兼 最高経営責任者(CEO) 本蔵 俊彦

14:20〜14:40 研究成果報告①『ディアフォリン活性評価とキジラミ各種系統の共生細菌叢解析』
豊橋技術科学大学 エレクトロニクス先端融合研究所 准教授 中鉢 淳

14:40〜15:00 研究成果報告②『次世代シークエンサーを用いたシアノバクテリアのゲノム解析』
豊橋技術科学大学 環境・生命工学系/エレクトロニクス先端融合研究所 助教 広瀬 侑

15:00〜15:20 研究成果報告③『海藻由来の天然高分子に親和性を持つ人工RNA』
豊橋技術科学大学 環境・生命工学系 講師 梅影 創

15:20〜15:40 研究成果報告④『半導体MEMS−LSI技術を用いた生体分子計測技術』
豊橋技術科学大学 電気・電子情報工学系 テニュアトラック講師 高橋 一浩

15:40〜16:00 休憩

16:00〜16:30 特別セミナー『生命科学研究を切り拓く半導体シーケンス技術』
サーモフィッシャーサイエンティフィック ライフサイエンスソリューションズ ライフテクノロジーズジャパン株式会社 フィールドアプリケーションスペシャリスト 近藤 真人

16:30〜17:15 招待講演Ⅱ『日本人ゲノム解析ツール「ジャポニカアレイ」』
株式会社 東芝 研究開発センター 橋本 幸二

17:15〜17:20 閉会挨拶

17:20〜17:30 移動(EIIRIS→喫茶室)

17:30〜19:00 情報交換・懇親会(豊橋技術科学大学喫茶室)


主催:豊橋技術科学大学エレクトロニクス先端融合研究所(EIIRIS)
共催:螢汽ぅ┘鵐后Εリエイト、衙橋キャンパス・イノベーション
【参加料】
研究会参加費 無料
情報交換会参加費  2000円(ネットワーク作りのためにぜひご参加下さい)

【参加申込み方法】
参加希望の方は以下のフォームに記入し、E-mail(gene-tec@eiiris.tut.ac.jp) までご送信ください。
==========================
1.氏名(フリガナ)
2.所属・団体
3.部署
4.勤務先住所
5.電話番号
6.懇親会の参加 有・無
7. 施設見学会への参加 有・無
===========================
Faxをご利用の方は、以下のリンク先の申し込みフォームに記入の上、0532-44-6979まで送信して下さい。
http://www.eiiris.tut.ac.jp/japanese/index.html
定員(80名)になり次第,申込み受付は締め切らせていただきます。

[ 15.02.02 ]


  一覧に戻る  

PAGE TOP